今日も気ままに語っていく。

先日軽い追突事故にあった時に、1つ新しく知ったことがある。

それは

「車のナンバーを控えても、警察はどこの誰か分からない」

ということだ。

車のナンバーとその所有者の情報は陸運局で管理しているので、警察では分からないのだとお巡りさんが言っていた。

警察も陸運局とデータベースを共有しているわけではないので、警察では分からないのだそうだ。

「えっ!?そうなんですか!?」

って、私は結構衝撃だった。

車を買った時に警察に届け出を出しているのは、ただの窓口だったということらしい。

まぁその気になれば陸運局に聞けばいいのだから、追えることは追えるのだろうけど、その気にならなければ追えない(追わない)ということでもあるのだろう。

う~ん、なんか、ちょっと残念な感じがした。

「ナンバーさえ控えてしまえばこっちのもの」

って思ってたけど、そうじゃなかったのかと。

まあそれでも本当に何かあった時は、重要な情報だから、ちゃんと控えたり、ドライブレコーダーに残るようにしておいた方が良いのは間違いないだろう。

これを知っていて何かの役に立つわけではないが、豆知識のオマケがついてきた今回の追突事故であった。