やっちまった。

昨日久々に車に乗ろうと思って、駐車場でキーのロック解除ボタンを押してもロックが開かない。

キーの電池が切れたのかな?と最初は思った。

それでとりあえず鍵を直接車のドアにさして鍵を開けた(こんなことができることも忘れていたが)。

それでエンジンをかけようとキーをさして回すと

あぁっ、なんてことでしょう!

うんともすんともいいません。

ハイ、バッテリー切れですね。
やっちゃいました。

最初はドライブレコーダーの駐車監視モードが電力を食い尽くしたのだろうと思った。

けしからんぞ!
ドライブレコーダーめ!!!

で、すぐにその場で保険会社さんに電話をして、業者の人を手配してもらった。

保険会社さんが提携している近くの業者さんが数10分で来てくれて、その場はとりあえずエンジンを立ち上げてくれた。

豆ライト、つきっぱなしやん。

ハイ、凡ミスですねー。
やっちまった。

ドライブレコーダーくん、ごめんなさい。

どうやら今回の件でバッテリーがオシャカになってしまったらしい。

これでエンジンを切ると次回もまた立ち上がらないだろうということで、そのまま、つい先月車検でお世話になったオートバックスへ車を連れて行くことになった。

車検でもバッテリーの寿命についてはわからないらしい(いや私の過失なのだが)。

それで当日中にオートバックスでバッテリーを交換してもらった。

工賃込みで33,438円。

なかなかである、、、

ただ、取り出した古いバッテリーを見てもらうと、もう四年も立っていたそうだ。

私の車は去年、世田谷から厚木に引っ越してきた時に中古で買ったものなので、前の持ち主がそれぐらい使っていたようなのである。

車のバッテリーの寿命はちょうど3~4年くらいだそうなので、まぁ遅かれ早かれ、遠くないうちに起きていた事態だったのだろうと思うことにした。

ライトの消し忘れに注意しよう。

こういう時は指差し確認である。

古典的な方法ではあるが、多分再発防止はこれしかない。

鍵のかけ忘れと、ライトの消し忘れ。

車を離れるときはこの2点を必ず指差し確認する。

凡事徹底である。