昨日は横浜のK先生と月1のホームページ生徒募集面談をしました。

色々なお話をしましたが、話題の一つに、子供にちゃんと練習させようとする保護者さんに来てほしい、というお話がありました。

これはどこのピアノ教室さんもきっと思っていることですよね。

親が共働きで忙しかったり、子供が複数の習い事や塾で忙しかったり、なかなか自宅でのピアノ練習が難しい時代であるのはわかるけど、そうは言ったって練習しなきゃ弾けるようになりませんからね。

「レッスンで楽しい時間が過ごせればそれでいいんです」

「幼いうちに音楽に親しんでもらえればそれでいいんです」

なんて親御さんも中にはいらっしゃいますが、お客さんがいくらそうは言っても、ピアノを教える先生としてはやはりしっかり練習して上達してくれる生徒さんの方が、張り合いがあるというのが正直なところかと思います。

子供の自宅ピアノ練習ということを考える時にいつも面白いと思うのが、練習をするのは子供でも、親のあり方で子供の練習に対する姿勢って変わるんですよね。

練習と言うか、そのピアノ教室に対する子供の姿勢そのものが、保護者の方の姿勢と言うか、先生に対する理解によって変わってくるようです。

そういうことなのであれば、子供にしっかり練習をしてもらいたいという時に大事なことは、やはり保護者の方とのきちんとしたコミュニケーションなんじゃないでしょうか。

相手は素人さんなんですし、子供のピアノの自宅練習に対して、親として臨めばいいのかなんて、知らない人の方が多いと思うんですよね。

知らないだけであって、きちんとお話すればそうしてくれる方だって、きっといっぱいいると思います。

昨日もそんなことをK先生とお話ししていました。

これから良い生徒さん、良い保護者さんをしっかり集めていきましょう ^ ^