「満員になると良いことがいっぱいですね♪」2年でピアノ生徒10人⇒40人超で満員になった東京23区 O先生

理想のピアノ生徒が集まるホームページ集客専門コンサルタントの永井です。

「ピアノ生徒が40人を超えたのですが、どこで満員にしたらよいですか?」

「満員になった後、他のピアノ教室さんはどうしていますか?」

↑LINEでこんなメッセージを送ってくださったのは、ちょうど2年前の5月に、生徒10人からホームページ集客を開始した東京都内某区のピアノ教室のO先生です。

2020年5月、コロナとほぼ同時に始めて、半年後には生徒が20人に倍増したことは以前ブログでご紹介しましたが↓

コロナ禍ど真ん中(2020年5月)にピアノ教室HP公開して 6ヶ月で生徒10人⇒20人に倍増した 東京23区O先生の声

その後も順調に生徒さんは増え続けて、先月、ちょうど2年で40人を超えたとのことです。

それで40人を超えたのは良いのだけど、ぼちぼちキツくなってきたと。

空き枠的にはもう少し入らないではないけど、曜日によってはもうトイレに行く暇もない時も。

それで、そろそろ満員にしようかどうか迷っている。

満員にしたらしたで、その後は皆さんどうしてるんだろう?

そんなご相談でした。

そこで今回は、このO先生にもお話しした、

「皆さんがどのタイミングで満員としているか」
「満員になったらどんな良いことがあるか?」

という事をお話ししていきたいと思います。

満員になると良いことがいっぱいあるんですよ ^ ^

どのタイミングで「満員」とするか?

まずO先生からご質問のあった

「どのタイミングで、何人で満員とするか?」

ですが、まぁそれは、「お好きにどうぞ」ということなんですけど笑

私も日本全国たくさんのピアノ教室さんを見ていますし、たくさんのピアノ教室さんを「満員」にしてきました。

それでいつも思うのは、「満員の幅は本当に人それぞれ」ということです。

もう、十数人で満員という方から、80人ぐらいまで頑張る方もいらっしゃいます。

先日ご紹介した神奈川のK先生も、もうすぐ20人弱で満員でしたね↓

「去年HPを作ってなかったら今頃は生徒3人になってました…」1年で生徒5人⇒16人。初の単独発表会も決まった神奈川のピアノ教室K先生の声

満員のボーダーは基本的には「枠が埋まったら」と言うことかと思います。

教室ごとにレッスンできる曜日や時間が限られていて、それぞれのご家庭の事情でレッスン枠の総数は決まるようですね。

ただ今回のO先生のように、枠にはまだ余裕があっても満員とする先生も、少なからずいらっしゃいます。

「一人一人をしっかり見てあげたいから」

ということを大事にされて、レッスンが流れ作業になる前に生徒募集を停止する先生も、わりといらっしゃいます。

決まりはありませんから、物理的な枠のキャパと、ご自身の中でのキャパと、ご家庭の事情とで、ご自由に折り合いをつけられたら良いんじゃないでしょうか。

(O先生はこの後「満員」としました)

「満員になると良いことがいっぱいですね♪」

次に、

「満員になったらどうするか?」

という事も今回のO先生にも色々とお話ししたところ

「満員になると良いことがいっぱいですね♪」

とホクホクされていましたよ。

それでは満員になったら何ができるか、どんな良いことがあるかをご紹介しましょう。

【満員の良い事①】月謝の値上げができる♪

まず、私がいつも言っていることですが、 満員になったら月謝(レッスン料)の値上げができます

値上げをする時に一番怖いことは何でしょうか?

「値上げをして生徒が来なくなったらどうしよう?」

という事ですよね。

でも満員なのであれば、多少問い合わせが減っても痛くも痒くもありません。

今後は先生が出したい料金で出して、「それで良い」という生徒さんだけ来てもらえば良いわけですからね。

既存の生徒さんのレッスン料も値上げするとなると多少リスクはありますが、新規の方からであればノーリスクです。

それで「実際に値上げをしたらどうなるか?」ですが、これまで私が見てきた限りでは、満員になるようなピアノ教室さんは、多少値上げをしても生徒は集まり続けます

「満員です」
「募集してません」

って出してても、問い合わせって結構止まらないんですよ。

なので満員を期に、思い切って 月謝を値上げするのは、全然ありだと思いますよ。

【満員の良い事②】教室規約を変えられる♪

他には「教室内のお約束を変えられる」ということもあります。

楽器の購入のこととか
レッスン振替のこととか
お家での練習のこととか

「↑本当は言いたいけど強く言えない事」ってないですか?

渋々承諾してストレスを抱えているような事です。

なぜ言えないかと言うと

「それを言って生徒が辞めたらどうしよう?」
「生徒が来なくなったらどうしよう?」

という心配があるからですよね。

でも、これも値上げと一緒で、生徒が満員になったら

「ウチはこうしていただいてます」

というお約束を言いたいように言わせてもらって、「それで良い」という人だけ来てもらえばよくなります。

これだけでもだいぶストレスが軽減すると思いますよ。

【満員の良い事③】ブログがちょっと楽になる♪

他には「ブログを書くのがちょっと楽になる」ということもあります。

O先生は、この2年間、結構頑張ってブログを書いていらっしゃったんですけれども

「もう満員になったのであれば、多少ブログのペースを落としても大丈夫ですよ」

ともお話ししました。

もう集客を頑張る必要がないので、以前のようにゴリゴリと頻繁に書かなくても大丈夫です。

もちろん全く止めてしまってはダメですけれども、今も営業していることが分かる程度に、ペースを落として書いていっても大丈夫です。

これもO先生、喜んでましたね。

電話で声だけ聞いていましたけど、もう口元が緩んでいるのが分かりましたよ笑

「うわ~、満員になると良いことがいっぱいですね♪」
ってね。

そうなんですよ ^ ^

こんなふうに、教室が満員になったら、良いことがたくさん待ってますから、ぜひあなたもチャレンジしてみてくださいね!

ピアノ生徒集客でお困りの先生へ

株式会社ひろがれ音楽では、今回のO先生のようなホームページ制作+集客サポートの他にも、生徒集客でお困りのピアノ教室さんをサポートする様々なサービスを提供しています。

・既にお持ちのホームページで集客したい方
・これから自作ホームページにチャレンジしたい方
・永井にHP制作とウェブ集客をがっちりサポートして欲しい方

それぞれの状況やご希望に合ったサービスを選んでいただけます↓

ピアノ教室専門ホームページ制作

当社のホームページは公開後に、徹底した「めんどうみ主義」の集客サポートコンサルを毎月受けられます↓
ホームページ制作と集客コンサルの詳細はこちら

実際にHP制作されたお客様の声はこちら

料金システム

当社の料金システムの詳細はこちら

無料セミナー

【5月まで無料】個人ピアノ教室のための「自作ホームページ集客」入門セミナー
ピアノ教室ホームページを自作してウェブ集客デビューしたい先生へ
セミナー詳細&お申込みはこちら

【無料】「理想のピアノ生徒が集まる仕組み作り」入門セミナー
生徒と講師が相思相愛!ストレスフリーな理想のピアノ教室を作りたい先生へ
セミナー詳細&お申込みはこちら

永井式ピアノ生徒集客塾

2022年6月新クラススタート。
ピアノ生徒のウェブ集客法を永井から1年間みっちりと学び、「理想のピアノ生徒が集まる仕組み作り」の実践力を身に付けることができます↓
永井式ピアノ生徒集客塾の詳細はこちら

ホームページ健康診断

既にお持ちのホームページに不安のある方へ↓
ホームページ健康診断の詳細はこちら

無料LINE電話相談

色々分からないのでとりあえず相談したい方へ↓
無料LINE電話相談のお申込みはこちら
※無料「コンサル」ではありません

これまでのブログたち

▼今後の最新動画とブログをチェックしたい方は友だち追加▼
友だち追加