「農業の3K」と呼ばれる

キツい
汚い
危険

は昔から有名だが、ピアノ教室にも3Kがある気がする。

厳しい
怖い
嫌い

と言ったところか。

つまらない練習をやれやれ言われて厳しかった

練習しないでレッスンに行くと叱られて怖かった

そしてピアノが嫌いになった

そんな話を、あなたは聞いたことがないだろうか?

「そんなピアノ教室、今はほとんどないでしょ?」

そう思うかもしれない。

しかし、そんなピアノ教室は今もあちこちに存在する。

子どもにピアノを習わせようという、ママの頭の中に、自身の過去の苦々しい経験として。

あるいは、そんなママ友から聞いた話として。

だから、そんなママが

「自分の子にはあんな思いは絶対にさせたくない」

そう思うであろう事は想像に難くない。

だから今は、「厳しい・怖い・嫌い」を裏返したようなピアノ教室が人気を博しやすい気がするのだ。

過去の子ども達からの、形を変えたクレームとも言えるかもしれない。

あるいは、個々の過去の教訓が「神の見えざる手(※)」として、この業界を進歩させようとしているのかもしれない。
※アダム=スミスの『国富論』に出てくる経済用語

という事は、今の子ども達が親になった時、彼らはピアノ教室に何を求めるのだろう?とも考えてしまう。

今の子ども達は何を感じているのだろう?

大人になった時、今をどう振り返るのだろう?

そんな事を考えると、この業界の大きな流れが見えてくるのではないかと考える、今日この頃である。